カテゴリ0の固定表示スペース

カテゴリ0の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ1の固定表示スペース

カテゴリ1の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ2の固定表示スペース

カテゴリ2の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

「東野圭吾 」カテゴリ記事一覧

fc2logoスポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

fc2logo本 紹介 東野圭吾 『手紙』


д゚)チラッ
どうも僕です。



今回は東野圭吾『手紙』

2006年11月3日に全国松竹・東急系で映画化されたのも記憶に新しいかと思います。

てか本当に映画やドラマ化されてんの多いな~

キャスト

山田孝之

玉山鉄二

・エリカ様でお馴染みの沢尻エリカ

手紙(C)2006『手紙』製作委員会

映画良かったね~・・・。もちろん原作もすごくいいです。

テーマは『加害者の家族』  『被害者の遺族』  『犯罪者』  『罪』   『罰』  『差別』

重いテーマですね・・・・・・・・

ちょっと話がズレますが

何故、人は罪(殺人)を犯してはいけないのか?

もしこのような質問をされたらなんと答えますか?

【殺人】
第百九十九条 人を殺した者は、死刑又は無期若しくは五年以上の懲役に処する。

【強盗致死傷】
第二百四十条 強盗が、人を負傷させたときは無期又は六年以上の懲役に処し、死亡させたときは死刑又は無期懲役に処する。

刑法は罪を犯した人にこういった罰を与えますと書いてあります。

日本の刑法には、殺人がいけないことだとは一言も書いてないです。

道徳的な価値判断を表す言葉『いけないこと』や『禁止』がないんですね。

●他人が悲しむことをしてはいけないから

●自分がされて嫌なことはしてはいけないから

●命は大切で1つしかないものだから奪ってはいけないから

●法律があるから(ルール)

●社会の秩序を守るためだから

●道徳的にしてはいけないことだから

答えは色々な見方があるよね。一つではないと思うし全て当たってると思う。

この『手紙』が一つの答えなのかもしれない( ー`дー´)キリッ

手紙 (文春文庫)

新品価格
¥660から
(2011/3/6 21:55時点)



出版社 / 著者からの内容紹介

強盗殺人の罪で服役中の兄、剛志。弟・直貴のもとには、獄中から月に一度、手紙が届く…。しかし、進学、恋愛、就職と、直貴が幸せをつかもうとするたびに、「強盗殺人犯の弟」という運命が立ちはだかる苛酷な現実。人の絆とは何か。いつか罪は償えるのだろうか。犯罪加害者の家族を真正面から描き切り、感動を呼んだ不朽の名作。


ここからは私的『手紙』の感想です。

※ネタバレ気にする方は読まずにスルーしてください。
ε≡≡ヘ( ゚Д゚)ノ
続きを読む

fc2logo本 紹介 東野圭吾 『変身』


д゚)チラッ
どうも僕です。


そして今回紹介するのは 東野圭吾 『変身』

てまたまた東野圭吾さんです。
もしかするとファンのかも・・・( ´ノω`)コッソリ

さて実はこの小説映画化してます。ご存知の方いるかな??

2005年11月19日
henshi_banner.jpg
©東野圭吾/講談社/「変身」制作委員会

主なキャスト玉木宏・蒼井優

確か一度見たが・・あんまり記憶にない( ´ー`)y-~~そんな感じでした。

原作はおもしろいんです。     あー映画は記憶に無いから・・・・おもしろかった??なんともヾ(゚д゚;) スッ、スマソ

キーワードはこれゴクリ…

『脳』   『魂』   『死』   『自己』  『人格 とは 何か?

宗教的な感覚でとらえるのではなく、非常にわかりやすく、ハラハラ・ドキドキ・恐怖・愛、東野圭吾が書くサスペンスです。

そして全体的に感じ取れる不気味さ、読んでいくと・・・・・スゲェ!!てな作品です。

変身 (講談社文庫)

新品価格
¥620から
(2011/3/2 14:51時点)




出版社 / 著者からの内容紹介

世界初の脳移植手術を受けた平凡な男を待ちうけていた過酷な運命の悪戯!
脳移植を受けた男の自己崩壊の悲劇。

平凡な青年・成瀬純一をある日突然、不慮の事故が襲った。そして彼の頭に世界初の脳移植手術が行われた。それまで画家を夢見て、優しい恋人を愛していた純一は、手術後徐々に性格が変わっていくのを、自分ではどうしょうもない。自己崩壊の恐怖に駆られた純一は自分に移植された悩の持主(ドナー)の正体を突き止める。



ここからは私的『変身』の感想です。
※ネタバレ気にする方は読まずにスルーしてください。
ε≡≡ヘ( ゚Д゚)ノ

続きを読む

fc2logo本紹介  東野圭吾 『幻夜』


д゚)チラッ
どうも僕です。


前回紹介した『白夜行』
そして今回紹介するの『幻夜』姉妹作もしくは続編とも呼ばれている作品です....φ(・ω・` )

作者 東野圭吾さんがs-woman.netスペシャルインタビューで、
どちらから読んでもらってもいいのですが、両方読めば両方読んだなりの面白さがあると思います。ただ『白夜行』の“続編”にはしたくなかったので、『幻夜』を書くとき、そこは苦労しました。ズバリ書いてしまうのは無粋。両方を読んだ人同士でいろいろ想像して盛り上がってくれればいいな、と思っています。


と語っているように相当『白夜行』を意識して執筆にしたため、ところどころにこの二つの作品がリンクしています。

私は『白夜行』→『幻夜』と読んだため、また事前に姉妹作等の情報を聞いていたので、より一層続編としての位置付けから逃れられず、この作品を読んでしまいました。

つまりは『幻夜』から読んだほうが純粋に楽しめるのかな~とも思います( ´ノД`)コッソリ

2010年11月21日よりドラマとして放映されたのも記憶に新しいかと思います。

主なキャスト  深田恭子  塚本高史


20101126_647063.jpg
(C)1996-2011 wowow.inc.
実際は見れていないのですが.....(;^ω^) 良さげ?っぽいです。


幻夜 (集英社文庫 (ひ15-7))

新品価格
¥1,000から
(2011/3/1 22:46時点)




出版社/著者からの内容紹介
幻の夜を行く男と女。息もつかせぬ傑作長編!
阪神淡路大震災の直後に、出会った男と女。男が犯した殺人を知る女は、彼を徹底的に利用し、野心を実現していく。だが彼女にも恐るべき秘密が。名作『白夜行』の興奮が再び!(解説/黒川博行)




ここからは私的『白夜行』・『幻夜』そしてドラマを含めた感想です。

※ネタバレ気にする方は読まずにスルーしてください。
ε≡≡ヘ( ゚Д゚)ノ
続きを読む

fc2logo本 紹介 東野圭吾 『白夜行』


д゚)チラッ
どうも僕です。


東野圭吾詳しくは Wikiをご参照ください

皆様知っているかと思いますが!

あらためて彼について紹介
(私が評価するなど恐れ多いのですが・・・) 

最近では『ダイニング・アイ』を文庫化されたばかりですが、
『容疑者Xの献身』
『秘密』
『白夜行』
『幻夜』
『手紙』
等 ドラマや映画などで実写化されたのは記憶に新しいかと思います!


これほど実写化されるわけでやはり すごい スゴイ 凄い  わけです。

でっていう話やはり小説もおもしろ!!  そして読みやすい(・∀・)

今回は『白夜行』について少し
ネタバレしないように努力します。

1216_0.jpg
(c)映画「白夜行」製作委員会続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。