カテゴリ0の固定表示スペース

カテゴリ0の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ1の固定表示スペース

カテゴリ1の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ2の固定表示スペース

カテゴリ2の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

「コラム 」カテゴリ記事一覧

fc2logoスポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

fc2logo伝説!? 『Yahoo!知恵袋』で笑った質問


д゚)チラッ
どうも僕です。



『Yahoo!知恵袋』の質問まとめ 

本気なのかネタなのかはさておき

秀逸なものから伝説!?的なものまで少ないですがピックアップしました。


●うまい棒1本だけ買ったら消費税いくらですか?



umaibou.jpg



ベストアンサーw
。゚(゚^∀^゚)゚。ギャーハッハッハッハッハッハハッハッハッハッハッハ!!





●ファックユーってごめんなさいの意味ですよね?


f u



(;゚Д゚)(゚Д゚;(゚Д゚;)ナ、ナンダッテー!!




●なぜバス車内で「くさや」を食べたらいけないのですか?



naze kusaya



なにこれw
Σ(; ゚Д゚)ウハッ






※まだまだ・・・続くよ~。
ε≡≡ヘ( ゚Д゚)ノ
続きを読む
スポンサーサイト

fc2logo古代宇宙飛行士説~人類史に刻まれた、宇宙人の関与の謎~②


д゚)チラッ
どうも僕です。


前回の続き

古代宇宙飛行士説~人類史に刻まれた、宇宙人の関与の謎~②

③ 古代建造物に宇宙人が関与したのではないか。

ピラミッド、それは不思議な魅力をもった建造物で、世界の七不思議の一つとされている。
科学では証明されていないピラミッドパワーという、脱水・防腐・活性化等の不思議な作用が生じる
とされている。

http://ja.wikipedia.org/wiki/ピラミッド
ピラミッド(Pyramid、アラビア語: هرم‎ハラム)は、エジプト・中南米などに見られる四角錐状の巨石建造物の総称であり、また同様の形状の物体を指す。

All_Gizah_Pyramids.jpg
ギザの三大ピラミッド

クフ王の大ピラミッドについて、1978年に大林組が「現代の技術を用いるなら、どのように建設するか」を研究する企画を実行した。それによれば総工費1250億円、工期5年、最盛期の従業者人数3500人という数字が弾き出された。1立方m当たりの価格は、コンクリートダムが2万4000円前後に対してピラミッドは4万8000円になるという(金額は当時のもの)


http://ja.wikipedia.org/wiki/世界の七不思議

世界の七不思議(せかいのななふしぎ)とは、古典古代(古代ギリシャ・古代ローマ時代)における7つの注目すべき建造物のことである。


http://ja.wikipedia.org/wiki/ピラミッドパワー
ピラミッドパワー(pyramid power)とは、ピラミッド形の物体に宿っているとされる、不思議な力のことである。

1930年、エジプトのギザにあるクフ王のピラミッドを見学していたアントワーヌ・ボビーが、ピラミッド内に残された死骸が脱水状態であることに不審を抱いて、再現実験を行ったのが最初と言われる。


【ピラミッド型建造物】その不思議な建造物は、古来より複数の文明・地域で建造されている事が発見されている。
中米だけでも千以上のピラミッドがあるといわれ、

何故文明間に交流を持たなかった当時において複数の文明で、これらのピラミッド型建造物はこぞって建造されたのだろうかという疑問が湧く。

単純に考えれば、 人が大きいもの・高い物を自然のものから造ろうとしたとき、石や土を積み上げることを思いつくだろう、すると自然と出来上がる形は錘型の物になる事が多い。

つまり文明が進んでいなかった古代文明の遺跡にはピラミッド型のものが多いと考えられている。

しかし、そういった古代文明が残した遺跡は単純なものではなく、高度な技術がはるか昔に存在したことを確認できるものであった。


一つの例としてギザの大ピラミッド

1329045206.gifpyra-4.gif
大ピラミッドの辺の真ん中がくぼんでいる写真(8角形になっている。)
3角形のひとつがわずかなくぼみで2等分されているのがよくわかる。

引用元http://pub.ne.jp/sakura2011/?entry_id=4155999

  • このギザの大ピラミッドの不思議なことは、4つの三角形の面が正確に東西南北を向いているという点

  • 大ピラミッドがオリオン座のオリオンズベルト、即ち中央を横切る三つ星に相当、他のピラミッドも星の位置に対応しそれを反映しているという点

  • 太陽高度を意識して建造された点

  • 我々の惑星地球の陸地のほぼ中央にあるという点

  • 長さと高さの比が黄金比となっているという点

  • ギザの大ピラミッドは4面ではなく実は8面で構成されていたという点
    (春分の日と秋分の日のみそれを確認できる)

  • そもそもこのピラミッドは何のためになんの意図があって作られたものであるのか自体わかっていない点


b0140046_1423223.jpg
引用元http://phenix2772.exblog.jp/9844060/

b0140046_1455185.jpg
引用元http://phenix2772.exblog.jp/9844060/

はたして外部構造や位置だけで、ここまで計算されつくされて建造された構造物を、(内部も含め)古代人はどうやって建造したのだろうか

しかも元々は、現在のような段状ではなく表面に石灰岩の化粧板が施されており、傾斜のある滑らかな面でできた四角錐で、全体が白色に輝いていたとされ

さらにピラミッド建設に、必要な石材は主に原産地であるナイル上流アスワン付近で、1000kmほど離れた場所だったとされていることも驚くべき点である。

古代宇宙飛行士説において、現代の土木機械を大量に投入してもなお多大な労力を要するものを、20~30年で古代人ができたはずがないと考えられている。

しかしそれは、古代エジプトの技術水準を過小評価した訳ではなく、調べれば調べるほどに、高度な技術が扱われているピラミッドを古代人が本当に建造できたのただろうかという点が拭えないからである。

つまり言うならば、何者かが何かの意図をもって意図的にその驚異的な建築技術を教えたと考えるほうが自然だと思われるからだ。

http://ja.wikipedia.org/wikiテオティワカン
テオティワカン (Teotihuacan)とは、メキシコシティ北東約50キロの地点にあり、紀元前2世紀から6世紀まで存在した、テオティワカン文明の中心となった巨大な宗教都市遺跡。
View_from_Pyramide_de_la_luna.jpg
「月のピラミッド」から望む「死者の大通り」と「太陽のピラミッド」


交流を持たなかった当時の文明間に類似点があるとしたらどう思うだろうか?
ジェット機等の交通手段が無い時代に神と称される何者かが文明間を行き来きしていたのではないだろうか?

実はギザの大ピラミッドと類似した遺跡がテオティワカン文明にみられる。

teotihuacan-and-orion1-300x203.jpg
Teotihuacan and Orion, in “perfect” alignment. Credit: History Channel
引用元http://www.ancient-code.com/orion-more-than-a-constellation/

テオティワカンもまたオリオンズベルトを元に作られていてる

この星座は古代人にとっての空の中心となっているが、何故、オリオン座が古代文明にとって重要だったのかは解明はされていないが、

エジプトの神話によると、神々はオリオンズベルトとシリウス(太陽を除けば地球上から見える最も明るい恒星)天の最も明るい星から降りてきたと云われている。

テオティワカンの遺跡は、太陽系の惑星の配置を縮小したものだという説もあり、

おそらくは現代人が考えるよりも、はるかに高度な天文学知識があったと考えられている。
これらの文明の古代建造物には同一の識者(指導者)がいたのではないだろうか?

pirachan_0.jpeg
引用元http://www14.plala.or.jp/tm86/newpage5.html

もう一つの類似点として、ギザの大ピラミッドは地球の北半球の43200分の1の縮尺模型になっている建造物であるといわれている。
最も重要な数学定数3.1416という円周率πを使用し計算された。

そして、このテオティワカンの「太陽のピラミッド」においても古代エジプト同様、円周率πが使われている。

このように古代人は高度な建設技術・数学的知識・天文学的知識を有していた。

http://ja.wikipedia.org/wiki/パレンケ
レンケ(Palenque)はメキシコにあるマヤ文明の古代都市遺跡で、メキシコの世界遺産の一つである。
パレンケ
『碑文の神殿』


高度な天文学知識で、有名な古代マヤ文明の古代都市遺跡

紀元前より人が定住し、パカル王統治時代の7世紀に最盛期を向かえ、その後徐々に衰退し、10世紀末には放棄された謎の遺跡パレンケ

古代宇宙飛行士説によれば、「パレンケの石棺」は宇宙人関与の証拠の一つではないかと考えられている。

18dcafc5ac08_m.jpg
1952年6月15日、メキシコのチアバス州パレンケにある古代マヤの遺跡「碑文の神殿」の地下から、考古学者のアルバート・ルース・ルイリエルによって発見された石棺。
引用元http://gigazine.net/news/20110807_alien_mysteries/

「パレンケの石棺」を横から見てみると、
エーリッヒ・フォン・デニケンによればこれは宇宙飛行士がロケットに乗っていると考えられ
手は操縦桿を握り足は何かアクセルのようなのものを踏んでいる。

また鼻の前には、何か呼吸機器のようなものがあり、最下部の奇妙な模様は推進ユニットから、噴出する炎とガスを表しているとされている。もし本当ならオーパーツである。

※本来この絵は横に見るのではなく、縦に見るのが正しい見方で、
いちばん上の鳥の部分は聖なる鳥「ケツァルコアトゥル」と考えられ、ロケットの部分は「生命の樹」であり十字架であると考えられている。



古代宇宙飛行士説によれば、南米のボリビアにある『プマ・プンク遺跡』

この遺跡は、宇宙人が関与したとしか考えられないほど、際立って不思議な遺跡だといわれている。

http://ja.wikipedia.org/wiki/ティワナク
275px-Tiwanaku_-_Versunkener_Hof.jpg
半地下式の広場

ティワナク(Tiwanaku)またはティアワナコ(Tiahuanaco)は、南米のボリビア多民族国にあるプレ・インカ期の遺跡名、およびその管区と村の地名。


pumapunnnku.jpg
プマ・プンク遺跡

『プマ・プンク遺跡』は、2000年前に造られたとされているが、1945年に考古学者アーサー・ポスナンスキーはもっとずっと古い、紀元前1万5千年としている。

『プマ・プンク遺跡』は、遺跡の破壊がすさまじいため当時の面影はほとんど残っていないが、
建造物ごと或いは場所ごとの石材加工技術が違い、当時遺跡がどのような状態にあったのか、

どのように機能していたのか、また標高3800mのティワナクにどのようにして100トンの巨石を運んだかこれらについて、確実なことはわかっていない。

また、石材の切り出しや加工方法、それに利用された道具についても、
諸説あり確実なことはわかっていないが、

いずれにせよ、今から千年以上前に、これほどの石材の切り出し加工技術が存在し、かつ鉄を利用せずに加工されていることには驚かされる遺跡である。

プマプンクHプマプンク_convert_20130311104352
引用元http://ameblo.jp/junraelian/entry-11344176837.html

H型のブロックを寸分たがわぬ正確さで加工している。

更にいうと花崗岩(地下のマグマが地殻内で地下深部にて冷却固結した結晶質の石材で、硬く、耐久性がある)
を使用しているにもかかわらず、ダイヤモンドで研磨したのと代わらない程、石の表面は滑らかに加工されているらしい。

つまりは、これと同じもの現代においても作るのすら難しいそれほどのものであった。

これらの点から、精度の設計技術・精度の加工技術・精度の測量技術が、
古代において存在したことは間違いない事実
となるのだが、不思議としか言いようが無い。

エーリッヒ・フォン・デニケンによれば

『プマ・プンク遺跡』は高度先史文明であり、明らかに宇宙人の技術で建造されたが、
宇宙人は地球から去り、彼らを神々として崇めた古代人は彼らが去った後に、

同じ場所に新たな遺跡を残したために、建造物ごと或いは場所ごとの石材加工技術が異なることになったと言っている。
また彼によれば、『プマ・プンク遺跡』は何者かが意図的に破壊したとしか考えれないそうだ。


『プマ・プンク遺跡』の動画

古代人は想像できないような精度の設計技術・加工技術・測量技術・建設技術・数学的知識・天文学的知識をどのように手に入れたのだろうか?

ただいえることは、多くの古代文明を造った古代人はことのほか宇宙に興味を持っていたという事だろう。
宇宙人もしくは神と崇めれれる、最初の指導者が、突然宇宙に帰った為ではないだろうか?


※まだまだ・・・続くよ~。
ε≡≡ヘ( ゚Д゚)ノ
続きを読む

fc2logo古代宇宙飛行士説~人類史に刻まれた、宇宙人の関与の謎~


д゚)チラッ
どうも僕です。



【オカルト】【ミステリー】について・・・

そう観てしまった。。。

歴史エンタテインメント専門チャンネル
ヒストリーチャンネル
Ancient Aliens

あなたは、古代宇宙飛行士説って知っていますか?
真実であるはずがないと思う人がいながらも、多くが無視することはできないと考えるこの一説

http://ja.wikipedia.org/wiki/古代宇宙飛行士説

古代宇宙飛行士説(こだいうちゅうひこうしせつ、英: Ancient Astronauts Theory,または英: Space God Theory)とは、人類史上の古代または超古代に宇宙人が地球に飛来し、人間を創造し、超古代文明を授けたという疑似科学の一説である。別名を「太古宇宙飛行士来訪説」、「宇宙人考古学」、「宇宙考古学」ともいう。この範疇でキリスト宇宙人説も唱えられている。

JomonStatue.jpg
有名な亀ヶ岡遺跡出土の遮光器土偶。外見が宇宙服のように見えるため、この土偶は縄文時代に地球に訪れた宇宙人ではないかと疑う者もいる。


という説なんです!!


そしてスイスの実業家エーリッヒ・フォン・デニケン人物を知っていますか?


Erich von Däniken und sein Mystery Park vom Helikopter - Foto: dpa
引用元http://www.taz.de/4/reise/europa/schweiz/daeniken-park/

一時1970年代に世界的ベストセラーとなり、一大宇宙超古代史ブームを引き起こした人物です。

彼によれば、古代宇宙飛行士説は近い将来必ず、世界の歴史のスタンダードになるとの事。

エーリッヒ・フォン・デニケンの主な著作としては、

1968年 未来の記憶

1970年 星への帰還

1973年 人類を創った神々

1973年 太古の宇宙人

1977年 フォン・デニケンの証明

1980年 神々のしるし

1982年 人類が神になる日

でもちろん日本語訳されている。


では少しその古代宇宙飛行士説をヒストリーチャンネル視聴記憶及びエーリッヒ・フォン・デニケンを
少し調べて得たにわか知識でまとめてみましょう(´∀`*)ウフフ




➀ナスカの地上絵の謎

ナスカの地上絵 (滑走路)                     宇宙人の地上絵
nasuka2_convert_20130310212434.jpglines8_m_convert_20130310214839.jpg
Google Earth                            Copyright © 2005-2009 Peruing. all rights reserved.


上空からのみ、その全貌を見ることができ、地上にいては絵だと気付けないほど巨大な絵
多くが謎のままの世界遺産で、その地下に何か遺跡があるなど言われているが、

その発掘調査は禁止されている為ほとんどが謎のままである。
巨大な地上絵を何故描いたのか?その一つの仮説として

削られた台地

雨乞い儀式利用説社会事業説など挙げれれているが、
彼によればナスカの地上絵は宇宙人に関連するものであるという。

滑走路と思われるラインや絵また意図的に山を削り作られた台地【右写真→】
(その削られた部分の土はどこに行ったのか?)



多くの謎のままだが、彼によると、あれは宇宙人に向けたメッセージと考えられるそうで、

仮に宇宙人のメッセージであるとして、
ではなぜナスカなのかというとあそこには豊富な資源があり、

地球型惑星(ちきゅうがたわくせい、別名:岩石惑星、固体惑星)の成分金属・鉱物資源が
ナスカなら簡単に採取できるそうだ。


もしあなたが宇宙人で、地球という惑星に訪れその成分を知りたいと思うなら、地球上でナスカは最も適した場所の一つだと考えれるそうです。

つまり宇宙人は古来ナスカによく訪れていたそうで、その為ナスカの古代人は彼らに対してメッセージを残したそうです。

宇宙人と人類の接触の証拠として考える説としては、謎が多く疑問もあるが、
確かに言えることは、古代ナスカの人々が、何かの意図をもって、その絵を残した事は確実である。


●http://ja.wikipedia.org/wiki/ナスカ文化

ナスカ文化(ナスカぶんか)は、紀元前後から800年頃まで現在のペルー共和国海岸地帯のナスカ市周辺に栄えた文化。ナスカの地上絵で知られる。アンデス文明のうち、灌漑設備が整備され開拓の進んだ前期中間期ないし地方発展期にあたり、同時代のモチェ、カハマルカ、ティアワナコと並ぶ。宗教的中心(巡礼地であるとされる)は、ナスカ川流域のカワチ遺跡とされている。

Nazca-pottery-(01).png
ナスカのシャチを象った土器。土器に象られた動物は地上絵にもみられる。

●http://ja.wikipedia.org/wiki/ナスカの地上絵

ナスカの地上絵(ナスカのちじょうえ)は、ペルーのナスカ川とインヘニオ川に囲まれた乾燥した盆地状の高原の地表面に「描かれた」幾何学図形、動植物の絵。
1939年6月22日、動植物の地上絵は考古学者のポール・コソック博士により発見される。ドイツの数学者、マリア・ライヒェがこの地に住み着き、彼女を中心として、地上絵の解明作業と、保護が行われるようになった。あまりにも巨大な絵が多く、空からでないとほとんどの地上絵の全体像の把握が難しい。このような巨大な地上絵を何故描いたのかというのが大きな謎の一つとなっている。

350px-Nazca_colibri.jpg
地上絵の航空写真(ハチドリ hummingbird)



※まだまだ・・・続くよ~。
ε≡≡ヘ( ゚Д゚)ノ
続きを読む

fc2logo地震 予知??


|д゚)チラッ
どうも僕です。

今回は『興味深い話』

「イルカやクジラは大地震を予知できるのでは」と騒がれている。

勿論、「まったくの偶然の一致だ」とも指摘されているがとても興味深い。

茨城県鹿嶋市の下津海岸で4日夜、クジラ約50頭が打ち上げられているのが見つかった。

5日朝から地元住民や同市職員らが救出活動にあたったが、既に半数以上が死んでいた。

茨城県大洗水族館(大洗町)によると、クジラは体長2~3メートルで、小型クジラのカズハゴンドウとみられる。同館の島田正幸・海獣展示課長(56)は「餌の小魚などを追いかけて遠浅の海に入り込み、方向感覚を失ったのかもしれない」と推測する。死んだクジラは砂浜へ埋めるという。

サーフィンをしに来た東京都板橋区の私立大生、水野正路さん(20)は「自分には水をかけるくらいしかできないが、助かってほしい」と、何度もバケツでくんだ海水をクジラにかけていた。
(2011年3月5日11時37分 読売新聞)転載

20110305-678264-1-L.jpg
茨城県鹿嶋市の海岸に打ち上げられたクジラに水をかける地元住民ら

ニュージーランドでは、南島のクライストチャーチ市で大地震が起きた前日の先月21日、同国南部の離島スチュワート島でクジラ107頭が浜辺に打ち上げられていた。

大地震を予知?打ち上げられていたイルカ ― スポニチ一部抜粋

|Д´)ノ 》 ジャ、マタ



にほんブログ村 小説ブログ 小説情報へ
人気ブログランキングへ

fc2logo冬の空は何故 空気が澄んでいるのか?


д゚)チラッ
どうも僕です。


冬の時期は江ノ島から富士山がとにかくよく見える!!

なんでなんだろう・・・・・・?

そんなことを思う日々

ブログに調べて載せちまいましょうってなことで

今回は『冬の空は何故 空気が澄んでいるのか?』

DVC00285-2_convert_20110306001651.jpg


続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。